偏差値を上げるちょっとしたコツ(その1)

進学館21

042-745-0786

〒252-0311 神奈川県相模原市南区東林間5-14-4 アーデル・ビル202

営業時間:13:30~20:00

lv

偏差値を上げるちょっとしたコツ(その1)

コラム

2018/07/06 偏差値を上げるちょっとしたコツ(その1)

「偏差値10アップ!これが当塾の実力です。」とPRすれば,商売としては良いのかもしれません。しかし、そういうのはあまり好きではないので、もう少し冷静にお伝えしたいことがあります。

 

それは模試の偏差値を上げるにはちょっとしたコツがあるということです。

 

首都圏模試の偏差値を基準にお話します。

 

偏差値40の生徒を偏差値50にするのと、偏差値50の生徒を偏差値60にするのでは学習の仕方が違います。算数を例にとってみれば、偏差値40くらいの生徒は計算ミスがとても多いことです。算数は如何に式を立てるかが大事な教科ではありますが、式を立てられても計算ミスをしていたら、得点できません。つまり、計算をきちんとできるようになることが最重要だということです。

 

また偏差値40くらいの生徒は時間配分を自分ですることができません。ですから、難問に時間を掛けすぎたり、解ける問題に時間を掛けなかったりします。これは大人が指示する必要があります。もっと言えば、問題の取捨選択ができません。どういう見ても難問に手を出してしまったりします。模試で偏差値50を出したかったら、捨てていい問題はかなりあります。得点できそうな問題を選択し、注力することが大事です。そのため、生徒の得意な単元を日頃から認識しておく必要があります。まんべんなくできる必要はありません。(続く)

TOP