残り2週間の心がけ

進学館21

042-745-0786

〒252-0311 神奈川県相模原市南区東林間5-14-4 アーデル・ビル202

営業時間:13:30~20:00

lv

残り2週間の心がけ

ブログ

2022/01/18 残り2週間の心がけ

今日(1月18日)で2月1日まで2週間となりました。首都圏では埼玉県の中学入試が10日から始まり、関西でも前期入試が行われました。千葉県の入試が20日に解禁されますし、東京神奈川の入試も近づいてきたことを実感します。

 

さて、残り時間が限られてきた以上やることを絞っていく必要があると思います。

①コンディションを整える

②適度に過去問演習

③知識の整理

④試験中にやること&考えることの整理

以上の4点を中心にやっていくと良いと考えています。

 

①体調面を整えることとメンタル(心)を整えることの両方です。体調面では無理をしないことです。しっかり睡眠時間をとることが大事です。その日のノルマが終わってなくても、就寝時間がきたら寝ましょう。また、体調が悪ければ、すぐに休むようにしてください。次にメンタルを整えることです。これが、とても重要だと思います。ただ何となく入試の日を迎えるのではなく、意識を高めておくことが求めれます。「2月1日からやってやるぞ!」というモチベーションを日毎に高めていきましょう。東京神奈川の中学入試の場合、最長でも6日程度の短期決戦なので、ふわっと入試に突入してしまうと思わぬ結果を招く恐れがあります。

 

②これまでに過去問演習は相当やってきたはずです。残り2週間ひたすら過去問演習すれば合格できるというほど単純なものではないと思います。感覚が鈍らない程度に演習し、志望校が出題する問題の傾向や形式の確認をしましょう(ただし、過去問演習が不足している受験生は毎日やりましょう)。

 

③冬期講習に各単元の確認はしたと思います。しかし、講習がおわって少し間隔が空きましたから、抜けも出てきている頃でしょう。また、勘違いして覚えている単元もあったりするはずです。知識を再インプットし、アウトプットすることも必要です。

 

④残り2週間で実力も上がりますが、多くを求めることはできません。だったら、いかに今の実力を発揮するかということが大事になってくるはずです。試験中のパフォーマンスを上げるには、試験中にやることや考えることを整理しておくべきでしょう。「しっかり設問を読む」とか「この問題は解けそうだけど、時間がかかりそうだから最後にやろう」とか1問でも多くとる(1問でもミスを減らす)という意識付けと確認をしていく期間にしましょう。

 

 

残り2週間。まだ時間は残されていますが、たくさんというわけではありません。ですから、有効に活用していきましょう。決して恐れる必要はありません。毎日を全力で取り組んでいきましょう。

TOP