一か月後を想像しておく

進学館21

042-745-0786

〒252-0311 神奈川県相模原市南区東林間5-14-4 アーデル・ビル202

営業時間:13:30~20:00

lv

一か月後を想像しておく

ブログ

2022/01/08 一か月後を想像しておく

2022年も早一週間が過ぎました。東京神奈川の中学でも出願が開始されている学校があります。また、埼玉では入試解禁目前でもあります。これから首都圏の中学入試は本格化しようという時に、一か月後の話をするのはナンセンスかもしれません。しかし、中学入試は通過点で、目的は中高の6年間を充実させることのはずです。やはり入試後について考えておく必要はあると思います。

 

中学入学後の学習面において、スタートダッシュが良いに越したことはないと思います。メインとなるのは英語と数学ではないでしょうか。中学受験の勉強をしてきた生徒たちは数学への適応は早いと感じていますが、英語には差がでるように感じています。受験勉強をメインに学習してきたので、英語の学習はほとんどしていないのが普通だと思います。入試は2月6日くらいで一段落つきますから、一か月後には終了しています。そこから入学までは2カ月もあります。その期間を利用しない手はありません。「アルファベットの習得→フォニックス→英単語を覚える→一般動詞の文」といったところまでは学習できるはずです。特にモノを覚えるのに時間がかかるタイプの子は、入学までの期間の過ごし方が大事になってくるのではないでしょうか。現在通っている塾で中学準備講座がある場合はそちらを利用されればいいでしょう。ない場合は親塾か新たな塾を探すほうが良いと思います。もちろん自走させてもいいのですが、まだリスクマネジメントしてあげてたほうが学習効果は高い気がします。

 

受験生は志望校に合格することだけを考えて頑張りましょう。しかし、保護者の方々はそれに加えて入試後のことも考えておく必要があると思います。「それどころじゃないよ。」というのが保護者の方々の本音だとは承知しています。しかし、中学入試は確実に終わります。そうなったら、次の段階に進まなくてはなりません。そのときのことを考え、今から準備しておくことが大事だと思います。

TOP