宿題のやりっぷり

進学館21

042-745-0786

〒252-0311 神奈川県相模原市南区東林間5-14-4 アーデル・ビル202

営業時間:13:30~20:00

lv

宿題のやりっぷり

ブログ

2019/07/12 宿題のやりっぷり

実力を図るにはテストをするのが一番ですが、テストをしなくても学力が伸びる予兆を見いだすことはできます。それは宿題のやりっぷりです。多くの生徒は問題を解いてきただけになりがちです。そして、マル付けや直しはとても雑になっています。ノートを見たときに思考のあとが見えないのです。実際昨日の小6の生徒もそうした傾向が見て取れました。

 

頻繁に保護者の方がチェックを入れている生徒は少しずつ減ってくるのですが、共働き世帯としてはなかなか厳しいと思われます。そうなってくると生徒の自覚に期待するしかありません。再三指摘しても、なかなか改善しないものではありますが、この部分が変わってこないうちは成績を大きく伸ばすことはできないと考えています。

 

どうして解いただけになったり、やってきただけになったりするのでしょうか?原因はいろいろあると思いますが、おそらく解くのに時間が掛かりすぎて答え合わせのときにパワーが残っていないか、答え合わせと見直しをすることを前提で宿題に取り掛かっていないのではないかと思われます。あとは単純に面倒くさいと気分に流されてしまっていることも考えられます。

 

宿題に取り組む前に何分で解いて、マル付けに何分、見直しに何分と時間配分を大まかでも決めて取り組むようにしていかなければならないと思います。そのためには精神的な成熟が必要となります。これが学力の向上に結びついてきます。気分に流されたり、闇雲にやっていたりでは思ったような成果は期待できないと思います。

 

夏休み中は問題をたくさん解く必要もありますが、きちんと理解もしていかなければなりません。見直しする時間も組み込んだ学習スケジュールにしていきたいところです。

TOP